キャッシュレス消費者還元事業
ーーーーー
消費税率の引き上げに合わせてスタートしたキャッシュレス決済のポイント還元制度でははじめの2週間で、1日当たり、平均10億円が利用者に還元されたことがわかりました。
ーーーーー
来年、6月までに1786億円の還元ポイントが消費者に還元されます。
それに伴う、消費5兆円弱が見込まれます。
商店主、事業主の皆様、キャッシュレス消費者還元事業に参加申請登録しないとこの5兆円に上る消費の対象になれません。
そしてお客様をキャッシュレス消費者還元事業に参加済みのお店にお客様を逃がすことになります。
是非、キャッシュレス消費者還元事業に参加してください。

参加方法は、キャッシュレス決済を新しく導入することが重要です。
また、すでにキャッシュレス決済(QR、クレジット、電子マネー)を導入済みの商店、事業者においても取引している決済事業者を通して参加申請登録を改めて行わないと対象にはなりませんのでご注意ください。

2019年10月27日現在「全東信」などの一部決済事業者はお取引様であるお店に「キャッシュレス消費者還元事業」を案内していません。
特に決済手数料が3.25%以上の場合は、決済手段が見直す機会です。
今、キャッシュレス消費者還元事業とは別に決済手数料はVISA・MASTERで3.24%、JCB・AMEX・ダイナーズが3.74%が最高料率としてあたりまえになってきています。
決済端末無料などの「キャッシュレス消費者還元事業」中に乗り換えもご検討ください。

基本的に店舗、事業者の皆様による決済事業者の併用は制限されておらず、経済産業省としても商店主、事業主の運用の選択肢を広げることはいいことだと考えています。

是非、キャッシュレス消費者還元事業への参加と一部既存取引先に対し不誠実ともいえる決済事業者からの乗り換えをご検討ください。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191026/k10012150631000.html?fbclid=IwAR2jc6y7rVrHUiD1FDiWGPGWjCIaGaAsGBInci2f8H3cu5lsXVZjvBqZB9Q

#商店街 #キャッシュレス #キャッシュレス消費者還元事業 #QRコード #クレジット #電子マネー #Suica #PASMO