キャッシュレス消費者還元事業では、お店が負担する3.25%のキャッシュレス決済手数料が2/3になります。

しかし、キャッシュレス消費者還元事業期間以外は、未だに3.8%以上10%近く請求しているある意味、取引先であるお店に対し不誠実ともいえるキャッシュレス決済事業者があります。

キャッシュレス消費者還元事業期間以外のお店が負担するキャッシュレス決済手数料が3.8%以上の場合、キャッシュレス消費者還元事業期間はキャッシュレス消費者が増え、キャッシュレス決済端末が無料、キャッシュレス決済手数料が2.17%以下になり、キャッシュレス決済事業者を見直す絶好のチャンスです。

昨今のキャッシュレス決済事業者によるお店が負担するキャッシュレス決済手数料はキャッシュレス消費者還元事業期間以外はVISA・MASTERで3.24%、JCB・AMEX・ダイナーズが3.74%が最高料率としてあたりまえになってきています。

是非、貴店のキャッシュレス決済事業者を見直しましょう。