• 以下の1.~4.で、個人情報保護マネジメントシステムの基本要素を書面で記述し、保管し、管理します。
1.個人情報保護方針 自社の個人情報保護方針
2.内部規程 自社で作成した個人情報保護についての規程類や手順書
3.計画書 規定に沿って実施する教育などの計画書
4.個人情報保護マネジメントシステムを実施する上で必要な記録 規定に沿って実施した教育などの記録
  • 個人情報保護方針、規程類、手順書について以下の①~③の手順を含んだ管理手順を確立し実施します。
  1. 文書の発行及び改訂に関する手順
    誰がPMS文書及び様式類の発行及び改定を行い、承認するか。
  2. 文書の改訂の内容と版数との関連付けを明確にする手順
    発行日、版番号、改定履歴等の記載と版数管理
  3. 必要な文書が必要なときに容易に参照できる手順
    社内でPMS文書や様式類を容易に参照できるようにする方法と改定等があった場合の社内周知方法
  • 実施する教育などの計画書、実施した教育などの記録を作成し保管管理するための管理手順を確立し実施します。
    記録を誰が作成し、どの期間、誰が管理するか。

Pマークを導入して個人情報保護の仕組みを構築しましょう。Pマークマネジメントシステムを構築し、認証を取得するにはコンサルタントを活用するのが確実です。 オフィス・メイプルでは、Pマーク導入と認証付与取得のコンサルタントとしてPマーク付与審査の目線も加味してお手伝いします。 また、無料専門家派遣や公的助成金などの各種助成制度を活用して、Pマーク取得のコンサルタント費用や審査申請費用などの経費削減をご提案します。

より経費削減をするためには自力で認証を取得することも可能です。 自力でPマークを取得するためのコツの無料セミナーも開催中です。

https://www.office-maple.net/service/pmark/