ご本人(又はその代理人)の求めに応じて開示対象個人情報について対応します。

  1. 利用目的の通知<3.4.4.4>
    自社における当該個人情報の利用目的を通知します。実費の手数料を徴収できます。
  2. 開示<3.4.4.5>
    自社における当該個人情報をご本人(又はその代理人)に開示します。一般に公開することとは異なります。実費の手数料を徴収できます。
  3. 訂正,追加又は削除<3.4.4.6>
    自社における当該個人情報について、訂正、追加、削除を実施します。
  4. 利用又は提供の拒否権
    自社における当該個人情報について、利用や提供の拒否に応じます。

但し、A)~C)以下に当てはまる場合はその旨を通知することにより応じる必要はありません。

  1. 本人又は第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 当該事業者の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
  3. 法令に違反することとなる場合

開示対象個人情報についての対応は、事業内容によっては起こりづらいことですが、準備をしておくことが重要です。
場当たり的対応だと致命的な事故につながります。

Pマークを導入して個人情報保護の仕組みを構築しましょう。
Pマークマネジメントシステムを構築し、認証を取得するにはコンサルタントを活用するのが確実です。
オフィス・メイプルでは、Pマーク導入と認証付与取得のコンサルタントとしてPマーク付与審査の目線も加味してお手伝いします。
また、無料専門家派遣や公的助成金などの各種助成制度を活用して、Pマーク取得のコンサルタント費用や審査申請費用などの経費削減をご提案します。

より経費削減をするためには自力で認証を取得することも可能です。
自力でPマークを取得するためのコツの無料セミナーも開催中です。

https://www.office-maple.net/service/pmark/